どうして『資金計画』が大切なのでしょうか?

マイホームを取得された人が「建てなければ良かった」と後悔する原因はお金にあります。 後で後悔しないように堅実な資金計画を立てる事が必要です。

自分たちの収入に見合わない資金計画を立ててしまったため、毎月の支出が家計を圧迫し生活が苦しくなり、本来家族と楽しく過ごすための家が原因で家族がバラバラになってしまった。もっと最悪な場合返済の目処が立たず、せっかくのマイホームが競売にかけなくてはいけなくなってしまった・・・。

そんなご家庭が増えています。

なぜこんな事になってしまうのでしょうか?それは「資金計画が分かっていないから」です。

”住宅会社へ行ったら、「あなたの年収なら○○○万円融資してくれますよ」と年収から借入額を算出され、銀行も融資OKしてくれたのでこの予算が我が家の予算です・・・。”

よく予算を確認するとこんな答えが返ってきます。

本当に正しいでしょうか。 答えはNO!です。

年収とは、1年間の収入を指しますが、ここで言う年収とは税込み年収です。

実際に使えるお金の年収(手取り収入)ではありません。そして家族構成なんて全く考慮されていない算出になっています。

ご夫婦だけの2人家族とご夫妻と子供2人の4人家族が共に同じ年収だったとしたら同じだけの金額を家にかけられるでしょうか。

これが「本当の資金計画」で。

年収からの借入と言うのは資金計画とはいえません。

「ローン返済の為、ご主人は毎日残業、お母さんもパート掛け持で子供は家で一人ぽっち」

「新居での素敵な生活を夢見ていたけど、毎月の家計が心配で全然楽しくない」

家造りの失敗の原因はほとんどの場合業者任せで無理な資金計画を立てたことによるもの。 私達は素敵な生活を夢見たマイホーム購入で苦労して欲しくありません。

そんな想いから、JRCひまわりの会では「賢く堅実に住宅を購入できる」勉強会を毎月開催しています。

ライフプランを取り入れ、納得の資金計画は受講者の皆様から大変好評です。家造りのはじめの一歩を「住宅セミナー」から進めてみてみませんか。

あなたの家造りに役立てていただくセミナーですので、参加費等は無料です。セミナー後の個別相談もありますので、疑問・不安を安心に変えることが出来ます。

このページの先頭へ